スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

100年後


やさしさを残してクリスマスは終わってしまった。
今年、引越しの際に折口信夫の『古代研究』とコメニウスの『世界図絵』を売ってしまったのは少し後悔している。特別に高価な本でもないのだけど、一度売った本を再度買うのはどうも躊躇われる。

やさしさを残してクリスマスは終わってしまった。
サンタクロースは本を持って来なかった。かつてサンタが『世界図絵』を子供にプレゼントしたことはあっただろうか。多分あるだろう。世界最初の子供向け絵本とされているのだから。
『古代研究』は、ないか。
そういえば、サンタクロースというのも一種のマレビトになるのだろうか。

やさしさを残してクリスマスは終わってしまった。
あれは小学生の何年生だったか忘れたけれど、とある年のクリスマスの朝。
少年の俺は失意の底にいた。枕元にサンタのプレゼントがないのだった。毎年当たり前のように置かれているはずのプレゼントがないのだ。少年は呆然としていた。素晴らしき当然の世界は当然ではなくなった。悪しき方へと転変してしまった。そのように感じ取ったかもしれない。
すると、母親はそんな俺を見て、急に「ベッドの下の掃除をしなさい」という。
いやいや掃除なんかしてる場合じゃないよ、と思いつつもそうしたらどうだろう、以前から欲しがっていたガンダムのプラモデルがベッドの下に落ちていた。寝相が悪い俺は寝てる間にガンダムをベッドから落としてしまっていたのだった。
その時かもしれない。サンタという存在のメカニズムを掴みかけたのは。
このささいな朝の事を思い出すたびに、俺は胸をしめつけられるような気分になる。
この世界のなにかが暴露されたとしても、やさしさはひとつも失われなかった。


彼はたったひとつの場所に
無事にたった
折れかかった支柱の橋を
無事わたったかのように伝えている嘘にきっと気づかず
与えられてる嘘にきっと気づかずか



やさしさを残してクリスマスは終わってしまった。



スポンサーサイト

2016/12/26 03:05 |雑記COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

デビルビームは熱光線


俺はどうも運転席に座ると少しだけ短気になるようだ。
昨日の昼間の話。コンビニを出て、愛車に乗り、駐車場から道路に入ろうとすると、交通量が多いのでなかなか道路に入れなかった。ようやく車が途切れたと思ったら、微妙な車間距離をあけて一台のミニバンが走ってきた。俺は「あの車が通り過ぎたら」と考え、そのミニバンを注視していたのだけど、とんでもなく走行スピードが遅い。嫌がらせか? というくらい遅い。おそらく、時速10キロとか20キロ。

そしてやっとミニバンが目の前を過ぎようとしたところで、どんな奴が運転しているのだろうかと、ドライバーを確認した。さぞかし悪意の塊のような人間が運転しているのだろうと思っていたが、30歳位の営業職風のサラリーマンがアイス片手に呑気な顔で運転していた。もしかすると彼にとっては車内という場所が唯一の心の安らぐ場所なのかもしれない。そのひと時、彼は彼だけの世界に生きているのだ。そういうことだってあるのだろう。しかし、それはそれ、これはこれ。俺はイライラするのだった。

形状と色から推測するに、あの男が手に持っていたアイスはガリガリ君だ。
俺はつい、こんな寒い時期にガリガリ君を食うな!
と理不尽な暴言を吐いてしまった。無論、誰にも聞こえてはいないのだけれど。
もし俺にデビルビームが使えたら、あのミニバンは跡形も無く蒸発していただろう。
剣呑な話だ。


20161208013410df3.jpg

2016/12/08 01:41 |雑記COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

これで世界はまた一歩ディストピアに近付いたか?


思い出すのは『デッドゾーン』というクローネンバーグの映画。
この世界には正義の超能力者はいなかったのだろうか。
何かが起きて初めて分かるのだろうか。そして、起きてしまえばもう遅いのだろうか。

政治に無関心な俺でさえ、ブログに書いてしまうトランプのパワー。
アメリカという国はよほどエンターテインメントが好きなんだろう。俺もそういうアメリカは嫌いじゃないが、しかし。
大統領がヒラリーだろうが、トランプだろうが、俺の生活にどれだけの影響を及ぼすのか分からない。回り回ってそれで例えば「どん兵衛」の味が変わるのならば、俺に密接した問題でもあるし、そういうことだってきっとあるんだろう。比喩としてのどん兵衛。


話は変わるけれど、前回の日記で書いた『幻獣ムベンベを追え』をようやく読んだ。
なんだか切なくなった。青春があった。

 どうしてこんな簡単なことがわからないのだろうか。私は何とも腹が立ってきた。別に、“人間の幸福”か“世界の真理”とかについて知ろうとしているわけじゃない。彼らが見たものは何だったのか。ただそれが知りたいだけだ。カメならカメでいい、恐竜なら恐竜でいい、水草のかたまりならそれでいいのだ。写真を撮らなくても、証拠をつかまえなくても、それさえわかれば、黙って帰っていいのだ・・・・・・。そういう気持ちになっていた。


上に引用した箇所はこの本をよく表しているひとつかもしれない。
良い文章だと思う。

何はともあれ、トランプは勝利し、ヒラリーは敗北した。それぐらいは分かる。
俺が常に逃走していることも。



2016/11/10 01:58 |雑記COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

探しものは何ですか


図書館に行った。
ある本を読みたくて、館内の検索機で確認したところ、貸出可能ということであり配置されている棚の場所も分かったので、さっそくその棚の前に行き、探していたのだけど、探せど探せど目当ての本は見つからない。
検索機の情報は印刷して手に持っているので、再び確認し、間違いなくデータベース上は存在しているはずなのだが、やはり見つからない。

仕方がないので、図書館の人に聞くことにした。
すぐ目に付いたのは、緑色のエプロンをして数冊の本を次から次へと棚に戻しているバイトっぽい風貌の青年だったのだが、俺は早く確実に目当ての本にありつきたいという思いがあるので、もっと図書館のことを知悉した青色のエプロンをしたベテランっぽい中年のインテリ風女性職員を見つけるやいなや突進して、検索結果を印刷した紙を見せて、記載の本が見つからない旨を伝えた。

その職員もやはり指定の棚を探しだしたのだけど、さきほど俺が何度も確認したように、やはり無いのである。二階の書架を確認しに行ったり、棚の後ろに落ちてないか調べたり、コンピューターを確認して貰ったりもしていたのだけど、結局見つからなかった。
俺は、もういいです、と職員に伝えようと思った。段々と恥ずかしくなってきたのだ。
これが『存在と無』とか『ガロア理論』というような本だったら、様になるのかもしれないが、探しているのが

『幻獣ムベンベを追え』

という、ちょっと情けないタイトルの本だったのだ。

ファンタジーやライトノベルかと思うようなタイトルだけれど、早稲田大学の探検部の学生がアフリカの幻のUMAを探しに行ったその記録、れっきとしたノンフィクション本だ。
俺はムベンベはおろかその本さえも見つけることができなかったのだけど。



2016/10/27 01:01 |雑記COMMENT(10)TRACKBACK(0)  

強さ


子供の頃、日清カップヌードルのCMにアーノルド・シュワルツェネッガーが出ていた。
広大な青空の下、赤いオープンカーを肩に乗せ悠々と歩く屈強な男。
きっとあの車は軽量の模造品か合成だったのだろうけれど、
当時の俺は、彼は本物の自動車を肩に乗せているのだと信じて疑わなかった。
それくらいシュワルツェネッガーは“強い男”だった。
シルベスター・スタローンやジャッキー・チェンと同じく。
少年の眼に映る彼らは間違いなくヒーローだった。
嘘を本当だと信じさせる何かがあったのだ。
今、彼らのような映画スターはいるのだろうか。
ジェイソン・ステイサム?
ドウェイン・ジョンソン?
中山きんに君?



調べたら、1989年のCMなんだな。全てが懐かしい。
遊佐未森の歌も良いよね。


2016/10/19 03:52 |雑記COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

Space Oddity


近年の宇宙科学の発展はめざましい。
コンビニでダークマターが買えるなんて。

20160930003106bd1.jpg


2016/09/30 00:38 |雑記COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

マンダリンの楼上


近頃、くるりの「琥珀色の街、上海蟹の朝」ばかり聞いている。
そうするともうほとんど寝てしまうんだ。






2016/09/23 00:13 |雑記COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

1%の道


自分が楽観主義者か悲観主義者か、タイプ分けすることに意味があるかどうか分からないけれど、俺はどちらかというと楽観主義的な性質を多く持っていると思う。しかし、自らの体に関しては別だ。体調が悪いと色々と最悪のケースを考えて憂鬱になる。そして、死刑宣告を受けるだろうという予感と覚悟を持って、いつも病院に臨む。ただの風邪でも。先日のぎっくり腰のときもそうだった。ただのぎっくり腰なのに!

汚い話で申し訳ないが、ここ二週間ほど下痢が続いている。二週間はさすがに長い、こんなことは初めてだ。異常だろうと思って、病院に行くことにした。この時にも俺は俺の悲観主義的性質を大いに発揮した。きっと大腸がんかなんかの診断を受けるだろう、という予感めいたものがあり、それも末期で即入院ということになったらどうするか、余命を通達されたらどうするか、ということまで考えていた。(先日観た『ダラス・バイヤーズクラブ』の影響もあるかもしれない。)


診断の結果、過敏性腸症候群だと言われた。要はストレスから来る下痢だった。医者が言うにはストレスといっても心理的なものだけでなく、食べ過ぎや消化不良による胃腸などの不調も身体に対する一つのストレスと考えてよいということだった。
俺の原因が、心理的なものか肉体的なものか分からないが、いずれにせよ、大病でなくて良かった。いわゆる致命的な……。つまり杞憂に終わったわけであるけれど、病院に行く前にあれこれ考えてしまい無駄に不安になるのはもちろん精神衛生上良いはずはなく、損な性格だと痛感している。

しかし、結果的に大事でなかっただけで、可能性を考えると、大病の可能性も多分にあったはずだ。もしかするとそれは蓋を開けると99%に近い確率であって、俺はたまたま1%の「無事」の道を通っているに過ぎないのかもしれない。そうやって幾度も奇跡的に悲劇や事故を回避してきただけに過ぎないのかもしれない。人間は死ぬその日まで地雷原を歩き続ける。

それは別に病気に限ったことではなくて、例えば、階段を降りることの一つを取ってみてもそうだ。今朝、階段を踏み外して後頭部を強打し、今はもう死んでしまっているという世界線もあるのだろう。例えば、UFOに拉致されて高度の文明を持つエイリアンに愚か者の見本として標本化されてしまっているという世界もあるかもしれない。そう考えると、今生きていることがとてつもないことに思えてくる。生とはそんな危ういものの上に成り立っているものなのではないか。



2016/09/14 23:28 |雑記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

ぼくがパソコンを嫌いになる理由


昔、世の中のネット回線がアナログで貧弱だった頃、ちょっとしたデータをダウンロードするのにも時間がかかり大変だったので、最新のフリーソフト集やゲームの体験版や壁紙集が収録されたCD-ROMを付録とした雑誌が毎月いくつも発売されていた。
そういう雑誌は大抵、後半部にエロ系のコンテンツが収録されていたりして、むしろそっちを目的に購入していた人も多かったんじゃないだろうか。表紙はエロを微塵も感じさせず、巧妙にカモフラージュされていた。

今ではちょっと考えられないのが、その付録CDに当時の売れっ子アイドルの広末涼子とか深田恭子とかのアイコラが堂々と収録されていたことだ。そんなのがコンビニで平然と売られていた。20年位前の話。
べ、べつに俺はそれを目的に買っていたわけじゃあないけれど……。

思えば、当時の俺のパソコンへの情熱は多大なるものがあった。DOS/V POWER REPORT (ドスブイパワーレポート)という、CPUやメモリやマザーボードなどのパーツの情報をメインとしたずいぶんと硬派なパソコン雑誌を購読していたし、当時はまだマニアにしか浸透していなかったパソコン自作にも挑戦し、コンピューターの国家資格も取った。
しかし、そんなパソコンへの情熱は失われて久しい。むしろ今では、パソコンが嫌いなくらいだ。パソコンと対峙すると物凄い勢いで疲弊していくのが分かる。仕事では仕方ないが、プライベートだとほとんどいじる気が起きない。

では、現在メールチェックやサイト閲覧やブログなどどうしているかというと、全てiPadで済ましている。パソコンと違い、あまり疲れない。パソコンは疲れる。なぜかと考えると、単純にいえば「仕事で使うようになったから」ということになるのだろうが、しかし今や仕事以外でパソコンを使うときも非常に体力を削がれる。それはパソコンの前に座りモニターを覗き、キーボードを叩くという構図が少し儀式めいており、そこだけ日常から乖離しているからなのではないかと思う。

iPadにはそんな儀式性がない。ソファーに座りながらや寝っ転がりながら使えるし、起動も恐ろしく速い。構えることなく、電子の世界にスムーズに意識がシフトできる。コンピューターを使っているという感覚が希薄なのだ。なんならうんこしながらも使える。それがAppleのUIの優れているところであり、スティーブ・ジョブズの凄さということになるのかな。


2016/09/09 20:11 |雑記COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

食玩にあるまじき値段


STAR WARS CONVERGE VEHICLE X-wing

食玩で2800円。
大きいのかと思ったら、全高55mmと小さい。
ラムネが一つ付いているから、あくまで食玩扱い。
スーパーやコンビニでおもちゃに2800円はちょっと躊躇う。
それでもコレクターは買うのだろうね。
子供に「お菓子一個買ってあげるから持っておいで」と言って、
これを持ってこられたら目玉が飛び出て、俺の顔はシンプソンズのキャラクターみたいになるだろう。


2016/09/04 22:41 |雑記COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。